独り言 のち 時々猫

≫ EDIT

芦屋 伊東屋謹製 九条葱餃子

食欲のなくなった、かまってかまって君です。
心なしか、足元もふらついているように見えます。



20160821115049704.jpg



黄昏ている後姿も、ほっそりして来ました。

暑いですね。
って、言っても涼しくならないのに、言ってしまいます。
暑いですね。

こんな暑い中、同級生が関西からやって来ました。
美味しいワインも頂いたのですが、
もちろん、瞬時に飲んでしまいました。

もう一つ、頂いたのが「餃子」です。



201608190719380b6.jpg

20160819071955869.jpg



芦屋 伊東屋謹製 九条葱餃子
これが、めっちゃ美味しかったです。
まず、皮は薄目でつるんとした食感なのが嬉しいです。
お味も、私同様さっぱり系で、私同様お上品で、私同様癖がなく、何個でも食べられます。

吹き出す汗をタオルで拭き拭き、晩御飯に頂きました。



20160821120357416.jpg



関西には、551蓬莱の豚まんや、ひとくち餃子の点天もありますが、
この餃子はお奨めでございます。

食欲のないかまってかまって君を横目に。。。
ごっちゃんでした!


web拍手 by FC2

| ひとり言 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

残暑お見舞いを頂きました!

ミータママさんから、
素敵な残暑お見舞いを頂きました!



1608121.jpg



飲んでみたい~と言った「ヱビス マイスター」ビール。
それと、タイのお土産のドリアンチップスです。
頂いた葉書きは黒猫ちゃん!
(表側を撮るのを忘れたぁぁぁ)

ミータママさん、ありがとうございました!

こういう時、かまってかまって君は、
少しもチェックに来ません。
何をしてるのかな?



1608122.jpg



お、いつものズタボロベットにいない。
でも、次に探すところはわかっています。



1605123.jpg



洋服ラックのおかんのズボンコーナーです。
噛んで穴だらけにするので、勿論、パットを敷いています。



1608124.jpg
   「ちんどいの・・・」



暑さのせいで、かまってかまって君もおかんも、弱っています。
おかんは、頂いたビールとドリアンチップスで、元気回復ですが、
さて、かまってかまって君はどうするかね?



web拍手 by FC2

| かまってかまって君 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

とける? とけない?

岐阜県多治見市で39.7度ですよ。
もうすぐ40度になるんですよ。

とけます。
心も、体も、とけます。

ね?
とけそうだよね、かまってかまって君?

1608092.jpg
   「ん?」



キャ~ッ!
とけてる~!


てことはないですけど、
あまり長い間日向ぼっこをしていると、
やっぱり、とけるんじゃないかと心配です。

おかんは、一緒に日向ぼっこしたら、
多分、蒸発して消えるわ。。。




web拍手 by FC2

| かまってかまって君 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

益田ミリ「キュンとしちゃだめですか?」

キュンとしちゃだめですか?

結論から申し上げましょう。
こんなことで、キュンとしているようではいけません。
これらは、私にとって、キュンの対象とはなりえません。

特に、以下の点については、強く反対致します。

・よくわからない汗にキュン
  ありえません。
  満員電車でダクダクと汗をかいてる男子は、美醜・年齢に関係なくアウトです。

・ポケットのベストにキュン
  釣り用のベストのポケット。
  無駄に多いだけです。
  どこに何が入っているか、全部覚えている方が引きます。

・「ぜ」にキュン
  ずっと好きだったんだぜ。
  ずっと好きだったんだ。
  「ぜ」に俺様的な匂いがして、嫌いです。

・おかわりにキュン
  「ぼく、家ではご飯、ぜったいおかわりしますよ」
  ふーん、だから?

・小学生なみの字にキュン
  下手でも良いけど、小学生なみの字は、知性ゼロじゃないですか?

何度も途中で読むのをやめようかと思いました。
それほど、益田ミリさんと、キュンする肝が全部違っていました。

とても残念な気分です。
それにしても、色々な感性があるのだなぁ。。。

☆一つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

星野道夫「旅をする木」

旅をする木

アンカレッジには行ったことがあるのですが、
あまりの寒さに、痛いと思った初めての経験を思い出します。

厳しい冬。
雪の世界。
オーロラ。
氷河。

そんな陳腐な言葉だけでは表現しきれない、
素晴らしいアラスカの景色を感じさせてくれました。

そこに住む、全ての生き物に、平等に訪れる四季や、
陽の光の暖かさを感じさせてくれました。

見たことの無い世界を、文字の力だけで、
ハッキリと心に思い描けるなんて、凄い!
こんな感性を持った人は、一体どんな写真を撮るのだろう。
とネットで探してみて、かなり衝撃的でしたが、
星野道夫さんは、カムチャッカで熊に襲われて亡くなっています。

心無い書き込みに目がとまり、
そのURLをクリックしなくても、そこに何が書かれているのか、
容易に判断が出来ました。

美しく厳しい自然を愛し、
人間も、熊も、カリブーも、全ての生き物を等しく愛し、
そして亡くなっていった、一人の旅人、写真家として、
ずっと覚えていたいと思います。

また、読み返したい本です。

☆二つ半より、ちょっと多め。





web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ