独り言 のち 時々猫

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ベースキャンプ移動しました

小さいホカペと小さいちゃぶ台で作った、
かまってかまって君専用のコタツがあります。
通称、「基地」。

寒い時期は「基地」でひがな一日蓄熱しています。

暖かくなって、流石に、最近は「基地」から出て来ました。
ベースキャンプ移動の時期です。

1705142.jpg 
   「移動してみた」

おかんのシマシマのニットTをシーツ代わりにして、
寛いでおいでです。
痩せているので、顔と胴体の割合が変わったような気がします。。。

さて、近所のバラが美しく咲き始めました。
生け垣だけでなく、お庭は白いバラが一杯のお宅です。

1705141.jpg 

毎朝、通るたびにゴージャスな気持ちになりますよ♪
(妄想し過ぎ)
  ↓
1705144.png 


web拍手 by FC2

| 未分類 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

良いことあるかな?

GWに突入する前日、仕事が山を越しました。
約1年半、この日に提出する書類を作るために仕事をしてきた。
と、言ってもいいかも知れません。

最後の追い込み中だった頃、ふと見た万歩計。

1605012.png 

数字がふぃーばーしとる!
何か良いことあるかな?
ちょっと期待したのですが、今のところは、特にありません。

一方、かまってかまって君。
良いことなんて何もなく、
猫様専用炬燵を取っ払われて、不幸のど真ん中です。
もう、5月だからね。
いくらなんでも炬燵はね。

1505011.jpg 

かなり居心地が悪そうです(笑)


web拍手 by FC2

| 未分類 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

乾緑郎「思い出は満たされないまま」

思い出は満たされないまま

小学生の頃、家から少し離れた団地に住んでいる、
同級生の家に遊びに行きました。
季節は、秋だったか、冬だったか。
夢中になって遊んでいて、ふと気が付くと、
部屋の中に差していた西日が隣の棟に遮られて、
すっかり暗くなっていました。

我に返って、急激に寂寥感を覚え、
心臓がドキドキして、急いで家に帰りました。

走って帰る私の背中を、
どこかの部屋の夕飯の匂いが追いかけてきました。

すっかり忘れていた、子供の頃の記憶が、
この本を読んで思いがけず蘇りました。

少し古くて、静かで、建物の影の暗さが今とは違う、
そんなレトロで昭和チックな団地の風景を思い浮かべます。

言葉にできないけど、匂いや明暗で覚えている、
懐かしいような、怖いような、寂しいような思い出です。

☆二つ



web拍手 by FC2

| 未分類 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT |