独り言 のち 時々猫

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

初盆

今年の1月、娘と同居していた女王様が虹の橋に旅立ちました。
そして、初めて迎えるお盆も終わろうとしています。

女王様、迷わずに戻って来られたかしら?
途中、寂しい思いをしなかったかしら?
あちらに帰るのは、大丈夫かしら?

もう、熟練の父と母に頼みます。
一緒に来てね。
一緒に戻ってね。

最近、女王様を見送った最後の日のことをよく思い出します。
やっぱり、鼻の奥がつーんと痛くなります。
よく頑張ったのだから、虹の橋で楽しく暮らしてほしいと思う反面、
やっぱり寂しさには勝てません。

一方、最近、軽くなって白髪が増えたかまってかまって君です。

1508162.jpg

1508161.jpg

おかんもそうだけど、年を取ると、暑いのが堪えます。
かまってかまって君にちょっと元気がないと、
とっても心配になります。

かまってかまって君は、ずっとおかんの傍におってな。
ずーっと、ずーっと。
約束やで・・・

特別なことをせず、どこへも行かず、
今年も静かに終わるお盆です。


web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

女王様が虹の橋へ

娘と一緒に暮らしていた女王様、ミミちゃんが、
1月5日午後7時前に、虹の橋へと旅立って逝きました。

享年22歳。

1月2日に会いに行った時には、
老いがすすみ、すっかり痩せてしまっていましたが、
大儀そうにしている以外は苦しそうな様子はありませんでした。
ただ、一目見ただけで、ミミちゃんの命が尽きかけているような、
嫌な不安が心をよぎりました。

1501061.jpg

帰り道に見えた月が薄く透けて見え、
その儚さが、まるで、ミミちゃんのようで、
ビルの間に見え隠れするその月を探し探し、
心細い気持ちで家まで帰りました。

1501062.jpg

その後、急速に弱り、二日間もの間、苦しい息をし続けていましたが、
仕事から早引けをして帰ってくる娘を待ち、
一緒のベットで添い寝をしてもらい、
声は出ませんでしたが、5回ほど鳴いて、
娘と私の目の前で息を引き取りました。

今日、火葬のため、娘とルールブック氏と一緒に深大寺に連れて行きました。
綺麗なお花に埋もれたミミちゃんは、
22歳とは思えないほど、ツヤツヤの毛に、綺麗なお顔で、
もー、流石、女王様の風格です。

最期の最期まで、誇り高く、優しく、孤高なニャンコちゃんでした。

虹の橋で、銀ちゃんや、ティムや、ジェシカに会えるかな?
仲良くして貰えるかな?
ちょっとそちらで楽しく遊んで待っていてね。

ミミちゃんにコメントを寄せて下さった皆様。
この記事を読んで下さっている皆様。
ミミちゃんを「可愛い」と言って撫でて下さった皆様。
ミミちゃんの写真をダウンロードして下さった皆様。
ミミちゃんの里子になることを薦めて下さった皆様。
全ての皆様に、心からお礼を申し上げます。

また、泣いちゃうと目が腫れて、明日からの仕事に差し支えるので(笑)、
コメント欄は閉めさせて頂きますね。

この写真はミミちゃんが7歳の頃のもので、ニコニコ笑っています。
娘が大切に持っていたものです。
皆様とは、このお写真でお別れさせて下さい。

1501063.jpg
   「ごきげんよう。さようなら。」



web拍手 by FC2

| 女王様 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

女王様の老化

久しぶりに娘の部屋を訪ねて、女王様に謁見して来ました。

1406271.jpg
   「あら、久しぶりね。わたくしに触ってもよろしくてよ」


下僕はどこに行っても下僕です。
大事に大事にブラッシングさせて頂きましたとも。
でも、首の周りの毛がよれて固まっています。
こんなこと、今までに一度もなかったのに。。。


1406273.jpg
   「そちらから撮るのは、およしなさいよ」

肉球の周りの毛も、少し黄ばんで汚れが目立ちます。

まだまだ食欲は衰えていないようですが、着実に老化は進んでいます。
女王様は20歳を超えて、そろそろ人間になる頃でしょうか。


web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

女王様、お気に召しましたか?

娘が二泊三日で、会社の旅行に出掛けました。
当然、娘と同居中の女王様のお世話係りはおかんです。

今やかまってかまって君も愛用の「にゃんこの泉」を買って、
女王様のもとに参ります。

「こんにちわ~!!!」

1401195.jpg
   「また、来たわね。今日は何かしら?」

「にゃんこの泉をお持ちしました。トイレの掃除もご飯の補給もお任せ下さいっ!!!」

1401191.jpg
   「にゃんこの泉? それは私に必要なの?」

「はい、蛇口からのお水を好まれる女王様のお気に召すかと!!!」

1401192.jpg
   「悪くないわね」

「おぉ!!! 躊躇なくお飲みになりましたね。おかんは感激です!!!」

1401193.jpg
   「ところで、ねえや(娘)はいつ戻ってくるの?」

「三日後でございます、女王様。それまではおかんがお世話を致します!!!」



でもねぇ、結局夜は一匹ぼっちなんだよね、女王様。
寒いし、暗いし、寂しいし。
二日目の夜、ポツンと正座している女王様を残して部屋を出難く、
随分と長居をしてしまいました。
おかんは家に帰って来ても、「今頃、どうしてるかなぁ?」って胸がキュンとなります。

昨日、女王様の大好きなねえやが戻ってきたので、やっとひと安心です♪
仲の悪いかまってかまって君がもれなくついてきますが、また、一緒に住めると良いねぇ。


web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

女王様ふたたび

二年前、娘が一人暮らし(本当か?いや、彼氏がいたに決まっている)を始めた際に、
一緒にお引っ越ししていった女王様。
サテンのリボンがかかった桐の箱入り娘です。
心臓が弱く、意味もなくゲーゲーするため、
スラリとした細身の体に、小さくて可愛いお顔。

先週、またもや娘が引っ越しをして(彼氏と何かけじめをつけるためか)、
以前よりかなり近くに部屋を借りました。
当然、女王様も一緒です。

しめしめ・・・

娘が仕事に出掛けている間に、ちょっと様子を見に行ってきました。

1312209.jpg
   「あら? あなたはどなた? 何のご用?」



そんな~、おかんだよぉ~、お引っ越しの日にもいたじゃないの。
ちょっとご機嫌を伺い来たんだよ~



1312201.jpg
   「あぁ、そうだったわね。思い出したわ」



これから、ちょくちょく来るからね。
仲良くしようね。



1312208.jpg
   「そうねぇ。考えておいても良くてよ」



1312207.jpg
   「ただ、写メを撮りまくるのは、迷惑だわ」



すみません。
手元に、女王様の写真をストックしておきたくて。。。



1312206.jpg
   「何だか、わたくし、眠くなってきましたわ」



1312205.jpg
   「今日は、もうこれ以上の撮影はお断りよ」



へへへ~い。
下僕は、また、様子を見にくるでございますよ。



その昔、、女王様が先住猫で、子猫のかまってかまって君が我が家にやって来たのですが、
仲が悪いったらありゃしない。
馬乗りになる(かまってかまって君が)、追い掛け回す(かまってかまって君が)、
猫パンチを食らわせる(かまってかまって君が)ということで、
現在、別々に暮らす二匹です。

久しぶり会ったら「あら、懐かしいわねぇ」なんて仲良くならないかなぁ。
なるわけないか。。。


web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ