FC2ブログ

独り言 のち 時々猫

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

萩原浩「神様からのひと言」

神様からひと言

人生いろいろ~♪
男もいろいろ~♪
クレイムだ~っていろいろ咲き乱れるの~♪

読んでいる間中、頭の中に、何故かこのフレーズが・・・

お客様窓口で、理不尽なクレームに翻弄される社員の物語です。
こりゃ、大変な仕事ですね。
世の中、まともな人ばかりじゃないしね。

それでも、お客様は神様です。
お客様からのクレームは、神様からの一言です。
ということなんでしょうか。

少し前、配送業者に切れた私も、
モンスタークレーマーなのかしら・・・
心のこもらない、
「今後は気を付けます。申し訳ございませんでした。」
チャンチャン(と、思っていたに違いない)
という対応に、心底腹が立ちました。

クレームをまるく納めるテクニックも必要だけど、
やはり、本質は会社の体質なんじゃないかと思います。
是非、そこから正していただきたい!(きっぱり)

お話の最後に溜飲を下げることが出来ましたが、
サラリーマンの悲哀が重たく・・・

☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

垣谷美雨「老後の資金がありません」

老後の資金がありません

そうなの、そうなの、そうなのよ。
老後の資金がありませんのよ。
何となく目を背けて来たけれど、やはり老後は不安です。

この本を読めば、目からウロコの教えがあったりして・・・
という淡い期待はものの見事に裏切られました。

そうです、小説以外の何物でもございません。
自己啓発でも、How toでも、ドキュメンタリーでも、ございません。
面白おかしく、楽しむことはできたのですが、
私の老後の心配は、少しも改善されませんでした。

あー、誰か、私の老後の問題を引き受けてくれませんか?

☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

十三湊「ちどり亭にようこそ」

ちどり亭にようこそ

登場人物は、良い人ばかりで、安心して読めます。
丁寧にお料理をして、丁寧に生きることは、
簡単そうで、実はとても難しい。
それを、さらっとやってのける花柚さん。
はんなりしていて、実は、頼もしい女主人かも知れません。

文中、あぁ、まさしくそうだなと思った一節です。

~~~~~
落ち込んでいる人、泣いている人に、他人ができることなんて本当は何もないのだと思う。心を慰めよう、何かしてやろう、と周りが思うのは、その人のためというより、何もできない自分に耐えられないからじゃないだろうか。
~~~~~

私も、気づかずに、自分の気持ちを相手に押し付けていたのではないか。
ハッとしました。

☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

吉野万理子「ロバのサイン会」

ロバのサイン会

「女優のプライド」・・・猫
「波乗り5秒前」・・・イルカ
「おれ害獣」・・・鹿
「うまれないタマゴ」・・・イグアナ
「お値段100万円」・・・犬
「アゲハひとりぼっち」・・・蝶
「青い羽ねむる」・・・インコ
「ロバのサイン会」・・・ロバ

犬も猫もイグアナも蝶々も、しゃべるしゃべる。
皆、しゃべります。
そして、命には、すべて心が宿っています。
感情があります。

きっと、そうに違いない。と、
小さいころ頃から、信じていました。
そんな気持ちを物語にしてくれた、吉野万理子さん。
絶対、吉野さんも、動物大好きなんだろうなぁ。


「青い羽ねむる」は涙腺崩壊しますよ。
電車の中で読むのはやめましょう(笑)

☆二つ半


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

小川洋子「人質の朗読会」

人質の朗読会

冒頭で、何故、人質が朗読会をしたのかわかりますが、
そのことを考えながら読むと、
どのお話しも、心に沁みてきます。

特別なエピソードではなく、日常の一部を切り取った題材です。
でも、とても丁寧に心の動きがわかります。
そして、タイトルを読んだ時に想像する世界を、
上手に裏切ってくれます。

更に上手いな~と思ったのは、
最後に、語り手の、職業・年齢などが記されていることです。
読み終えた後に、再度、
この朗読をした人質の人生に、
静かに思いを馳せるきっかけとなります。

しみじみしたい人にはお薦めです。

☆二つ半


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT | 過去の記事へ