独り言 のち 時々猫

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

譲り合い<奪い合い

朝起きるとすぐに、水を新しくする。
大抵、女王様が近くにいるので、まずは、ぴちょぴちょと飲み始める。
が、その音を聞きつけてか、かまってかまって君もすぐにやってくる。

来たな~
   「今は、わたくしがいただいているのよ!」


女王様がしずしずと飲んでおいでなのに、かまってかまって君は、
全く意に介さず、当然の様に、割り込んで水を飲み始める。
女王様は、はみ出されて、かまってかまって君を睨みつけている。

いつも、いつも・・・許さないわよ~
   「毎回、毎回!無礼者!」 「関係ないもんね~


しかも、ず~っと、しぶと~く、飲んでいる。

朝一の水や~
   「く~、腹にしみわたるね~。新鮮なんが、一番やなぁ。」

そうして、また、女王様はかまってかまって君が、大嫌いになるのである。





web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

快気祝い

今日は、わたくし、女王様からの報告よ。

おかんが肺炎で入院し、お友達にお世話になって、
無事退院したのが、先月の24日。
もうすぐ、一か月になるわね。

昨日、「遅まきながら」と言って、家でお礼のランチ会を開いていたわ。
全く、昼間っから、ビールやワインを飲んで、いい気なものね。

このお友達は、秘密結社嬢、つまり、おかんの娘が通っていた幼稚園のママ友。
かれこれ、20年のお付き合い。
まぁ、わたしも同じくらい、長い付き合いをしているわけなんだけど。

何かあると、相談したり、頼ったり。
おかんは、ここから離れられないのは、大切なお友達がいるから~と、
良く言っているわ。

わたくしからも、お礼を言わなくっちゃね。
私には?
   「皆様、これからも、うちのおかんを宜しくね

わたくしだって、おかんの入院中は、
ばっちいトイレや、ばっちいお家を我慢したのにさ。
今日は、おいちいもの、なぁ~にもくれなかったのよ。
しどいわ~
 
 by 女王様


web拍手 by FC2

| 女王様 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

高野和明「6時間後に君は死ぬ」

6時間後に君は死ぬ

文句なしに面白い!
その人に起こる、非日常的な未来が見えてしまう青年をめぐり、
5編の短編が用意されている。
私は何と言っても、「時の魔法使い」でやられてしまった。

誰しもが、大人になった時、ふと考える。
自分が取ってきた選択は、あっていたのかって。

その時できる一番の選択をしたはずなのに・・・
何故、こうなったんだろう。
何が、いけなかったんだろう。
そう、後悔しない人はいないと思う。

そんな大人が、もし、7歳だった頃の自分に会えたら、
何を言ってあげますか?
「どんなに頑張ったって、夢はかなわない」
と言いますか?
「一生懸命頑張ったら、きっと良いことがある」
と言いますか?

「時の魔法使い」の主人公「未来(みく」が出会う、もう一人の自分。
お互いが誰かを知りつつ、交わす会話が、胸にじ~んと沁みる。
またまた、涙腺がゆるみそうになった。

他の4編も、それなりに楽しめる。
私は、幽霊人命救急隊より、こちらの方が好きです、ハイ。


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

9月というのに・・・

9月も半ばを過ぎたと言うのに、相変わらずの30度越え。
暑い~

暑いのぉ
   「おかん、僕ちんも暑い~」

蚊も、まだまだ多くて、刺されまくった。
ルールブック氏と二人して、足や腕に、
ダルメシアンのような水玉模様をつけている。

年を取ると、かき壊した後がいつまでも残るんだよ。。。


web拍手 by FC2

| かまってかまって君 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

線路道

朝、隣の駅まで一駅分を線路沿いに歩いている。
東向きに歩くので、朝日が眩しい。
なるべく、電信柱の陰や、木の陰を選んで歩く。

その道沿いで、ふと、目に留まった小さな看板。

線路道
   「この道の愛称は線路道(せんろみち)です」

探してみると、100m間隔くらいで、いくつか見つかった。
他の道にも、何か愛称がついているのかしら。。。

昔、子供の頃、やはり「線路道」や「産業道路」や「地獄坂」や、
色んな愛称で、近所の生活道路を呼んでいたなぁ。
あの頃から、随分遠くに来てしまったなぁ。

何だか、妙に懐かしくなって、
子供の頃のこと、父や母や、じいじやばあばや、
皆が元気だった頃のことを思い出しなたら、朝日の道を歩いた。


web拍手 by FC2

| ひとり言 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ