独り言 のち 時々猫

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ろんぐたいむのーしー

さきの記事で「お互い元気でがんばろう」なんて言ってたのに。。。

大風邪を二回立て続けに引きました。
体力気力とも、えぐぞーすてっどな日々を送って、早二週間以上が経ちました。
年を取るって、回復力がなくなるということでもありますね。

1405241.jpg

かまってかまって君は、相変わらずの日向ぼっこフリークです。
毎朝、目が覚めると同時に、お外出せコールを連発して、元気いっぱいです。
人間がどんなに風邪を引いても、猫様には伝染らなくて、良かったわい。


web拍手 by FC2

| ひとり言 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

ひげ山を作る

「もう少しそばにいて」のあぐりさんは、
ニャンコの髭を大切に保管しているそうです。

ベットの上に落ちていたかまってかまって君の髭を見つけて、
我が家でも保管することに致しました~♪

見向きもされなかったキッカーを作った時の余り布を、
ちくちく四角く縫って、中に綿を詰めました。

1405051.jpg

ちょっといびつで、雑なところは目をつぶりましょうねぇ。

1405052.jpg

これが、かまってかまって君の髭で一杯になるまで、おかんは集めるんだ!
長生きしないと、波平さんの頭みたいなままで終わってしまうよ。
立派なひげ山が出来るまで、お互い元気で頑張ろう!


web拍手 by FC2

| かまってかまって君 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP | HOME

≫ EDIT

中島京子「妻が椎茸だったころ」

タイトルに惹かれて、読んでみました。

妻が椎茸だったころ

「妻が椎茸だったころ」
じゃあ、夫は?子供は?何だったんだろう?
って、思っていたら、そういう話ではなかったようです。

タイトルの短編以外に4話入っています。

「リズ・イェセンスカのゆるされざる新鮮な出会い」
「ラフレシアナ」
「蔵篠猿宿パラサイト」
「ハクビシンを飼う」

目次を見ただけでも、小説家って本当にすごい発想力があるのだなぁと、
唸ってしまいます。

どれも少し不思議で少し怖いお話です。
5編とも同じ世界観なので、最後の方にじわじわ~と広がってくるのですが、
それがまるで、煮しめた椎茸のうまみが口にあふれるような感じです。

この読後感は、嫌いじゃないけど、好きでもない。かな。

☆一つ半です。


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT |