独り言 のち 時々猫

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「吾輩も猫である」

吾輩も猫である

夏目漱石没後100年&生誕150年記念出版ですよ!
猫好きな8人の作家さんが、それぞれの視点で、
猫として語っています。

赤川次郎
 「どうやら、私は「猫」と呼ばれるものであるらしい」

新井素子
 「妾(わたし)は、猫で御座います」

石田衣良
 「わたしたちネコ族と違って・・・・・」

萩原浩
 「吾輩はねこである」

恩田陸
 「ワタクシは猫であります」

原田マハ
 「俺は猫だ」

村山由佳
 「あたしは、猫として生まれた」

山内マリコ
 「あたしは猫」

こんな一行目を読んでしまったら、もう、後へは引けません。
ワクワク・ドキドキしてページをめくります。

ですが、基本的に、
「全く、人間たら不自由な生き物ね。
私達、猫とは、次元が違うわぁ。」
という目線の作品ばかりなので、8人も読むと、飽きてしまいます。

何という不遜なことを言う、わたしでしょうか。
飽きてしまう。なんて・・・
でも、正直、次々に読むと、どれがどれかわからない・・・

そこんとこ、残念ですが、
☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT |