fc2ブログ

独り言 のち 時々猫

2018年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

重松清「その日のまえに」

その日のまえに

デジャブのような不思議な感覚でした。
何故か、どのお話も知っているような気がするのです。

まさか、いつものあれですか?
一度読んだのに、また、読んでる?
テレビドラマで見たのに、忘れてる?

でも、最後に収められている、
「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」には、
既視感が全くなかったのです。
この本のメインストーリーなのに。
狐につままれたような気がします。

どのお話も「死」にまつわるものです。
読み終えると、それぞれのエピソードが、
ジグソーパズルのピースとなって、
一つの絵が浮かび上がります。

寂しくて温かくて、そして切ない物語です。

今回は、頭の中に映像が溢れて、
その理由を考えているうちに読み終わっていました。
思い出せそうで思い出せない。
なんだ?
この感覚!

☆2つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

| PAGE-SELECT |