独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

さみしんぼ倶楽部会員番号1番

猫は、大体、皆、自己中である。
かまってかまって君も、例外なく自己中である。

外出から帰って来ると、律義に玄関にお迎えに来るのは女王様。
かまってかまって君は、時々しか来ない。

「ただいま~、お利口にしてたぁ?」
と女王様とコミュニケーションしてても、
かまってかまって君は、知らんぷりである。

だから、そのまま夕食の支度を始める。

しばらくすると、台所で、
「あご~」「あう~」「みょ~」
と、かまってかまって君が鳴き始める。

おかえり~
   「そんな風に聞こえるんか?」

これは、たぶん、推察するに、
「こらぁ、はよ抱っこせんかいな。
寂しかったやないかい。」
と、言っているらしい。

あんぽんたん。
おかんは、今、忙しいっちゅうねん。
と、放っておくと、ずっと鳴き続ける。

「な~お」(うっそぉ)
「うご~」(抱っこせぇへん気?)
「あう~」(殺生なぁ)

と、でも言っているのか、ウルサイ!
しょうがなく、手を拭いて抱っこしてやる。

「ほんとーに、あ太郎は、さみしんぼ倶楽部会員番号1番やなぁ」
と、しばらく抱っこされている。
でも、飽きたら、かじって、どこかへ遁走する。

まぁ、それが猫なんだけれども。。。


web拍手 by FC2

| かまってかまって君 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/169-f625b7aa

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ