独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

沼田まほかる「猫鳴り」

凄い本を読んでしまった。。。
読後、何日か経って、やっと消化されてきたかも知れない。

沼田まほかるの「猫鳴り」

猫鳴り

可愛い表紙とは裏腹に、本の中には濃密で重たい空気が溢れている。

第一部
流産してしまった信枝が、初めて捨て猫モンと出会う。
何度も、何度も、生後間もないモンを捨てにゆく信江の冷たさが壮絶だ。
モンを飼うことで、失くした子を思い出すことの辛さを受け入れようと提案する夫。
大人は、「あきらめ」という言葉の意味を知っているが、
心から「あきらめ」られるかどうかは別問題なのだと思った。

第二部
父子家庭の行雄が抱える、思春期の爆発的な怒り。
守られるだけの存在として、ペンギンの子と幼児を同一視し、
それらに対する嫌悪をつのらせる。
虚無、破滅、焦燥。
行雄の抱えている思いを、父親が一言で片づける。
それは「絶望」なんだよと。
モンが、行雄から奪った、死んだ子猫は「絶望」の象徴なのかも。

第三部
信江の死後、夫 藤治が老いたモンと暮らしている。
神秘性をたたえていたモンが、徐々に老いて死に向かってゆく。
モンと別れる心の準備の出来ない、藤治。
あれこれと、思い悩み、戸惑い、恐れる。
そんな藤治に若い獣医が言う。
「こんなにも自然に自分で去っていこうとしている猫に、
どんな人工的な手段もとりたくないと思うでしょう」
「自然」という言葉は、まさしく全てを内側に抱え込み、
そうして、全てのものを安心させる。

最後の数ページ、電車で読むには危険すぎて、
職場についてから読んだ。
やっぱり、え~ん え~ん
どっと涙が溢れた。




web拍手 by FC2

| 本箱 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/211-f0de04f4

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ