独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

永眠

ルールブック氏の父親が、24日午前、永眠した。
実家の父が逝ってから、約1年。
突然のことだった。

私たちの年代は、今、親を見送らなければならない順番になった。
自然の摂理だとはいえ、辛いことには変わりがない。
その内、自分たちも見送られる番になる。
誰かがこの世を去る時、自分の最期についても考える。

死ぬのは怖いし、さびしい。
でも、楽しみは、あちらの世界で、再会できるかも知れない人がたくさんいること。
大好きだった祖父母や両親。
家族のように身近にいたおじちゃん。
今までに飼って来た、歴代のアホ犬たち。
父を愛したインコ。
長く生きると、死んでから、会えるだろう人が増えてゆく。
つまり、楽しみも増えるのだと、思うことにした。

お地蔵様







web拍手 by FC2

| ルールブック氏 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT

ありがとう

子供のころは死というものがとても怖かった。
今でも怖いことには変わりがないけれど、、

お父様のご冥福をお祈りしています。
私も父を7年前に見送りました。
親の死はなかなか受け入れがたいものでした。
本当に長く生きていると悲しい別れを何度も悲しいお別れを経験しました。

生かされていることに感謝の毎日です
私も楽しみが増えると思うようにします。
ありがとうございます。

| バーディ・ピコ | 2011/07/27 00:04 | URL | ≫ EDIT

Re: ありがとう

バーディ・ピコさま
コメントをありがとうございます。

死ぬ時には「あ~、楽しかった!」と言いつつ、
大好きな人達に囲まれて旅立ちたい。
これが、私の人生最大の目標かも知れません!?

| blue kitty | 2011/07/27 08:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/214-3574463a

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ