独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

真夜中のパン屋さん

この本は、どういうジャンルに分類されるのだろう。
少女小説?
推理小説?
料理小説?

お話は、夜だけ開店するというパン屋さんと、そこに繋がる人々によって進んでゆく。
母親に見捨てられた小学生や、
不思議なオカマちゃんや、
覗き癖のあるオタク脚本家や、
ありえない登場人物が、次々と現れる。

どの登場人物も、少し変わっているのだけど、正しい心の持ち主で、
安心して読んでいられる。
大ドンデン返しや、えぐ~いクライマックスなんかは、絶対ない!
と、全編を通して確信しながら読める。

ほのぼの~とした作品でした。

真夜中のパン屋さん

入院中に読んだため、パンの焼ける匂いや、
さっくりもちもちの食感などが、自分の中で渦巻き、
「美味しいパン、食べた~い」症候群に陥ったのでした。。。


web拍手 by FC2

| ひとり言 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT

パン大好きです
夜だけ開店するパン屋さんの本
読んでいてパンが食べたくなっちゃうんですね(^u^)
↓そっか~黒猫ちゃんまだわんぱくな
ところがあるんですね
何歳くらいなんだろう
おふみは今はだいぶ落ち着きましたが
昔は凶暴な一面ありました(笑)

| もちゅみ | 2011/08/29 08:13 | URL | ≫ EDIT

もちゅみさんへ

うちの黒猫ちゃんは、15,6歳かと思います。
かなりのオヤジです。
おふみちゃんも、昔は凶暴な面があったのですか???
そんな風に見えないですねぇ。

イーストが発酵する匂いとか、
バターが焼ける匂いとか、
パン屋さんには、素敵な匂いが充満してますよね~
空想するだけで、ヨダレが出てきます。。。

| blue kitty | 2011/08/29 10:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/226-85e22bfd

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ