独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

東野圭吾「夜明けの街で」

不倫をする男性を「おバカ」と思っていた主人公が、
どんどん不倫にはまり、抜き差しならなくなる。

妻に不満があるわけでもないし、
仕事に不満があるわけでもない。

今まで自分が手にしてきたものを全て捨ててでも、
気持ちを抑えられず、溺れてゆく。

溺れた先に、何が待っているのか。
想像はできるが、体験していないからわからないふりをする。

昔、男友達から言われた。
「男が浮気をするのは、狩人だからだ。
狩りができなくなったら、男じゃない。
自分の種を残したいという本能なのだから、
浮気は仕方がないのだ。」

ジェンダーで、物事を片づけるのは簡単だ。
男だから、、、女だから、、、
そんな事例は、掃いて捨てるほどある。

でもね、男だ女だと言う前に、人間なんじゃないのかな。
本質は、その人の人間性なんじゃないのかな。

結末で、事件の真相が解明されるのと同時に、
この不倫騒動にも、一つの結論が出る。

私が、結末を書くとしたら、
「そうして、彼女は彼を食べてしまいました。
あとには、靴だけが残されていました。」
とするだろうな。

カマキリは、子供を産むために、
交尾のあと、メスがオスを食べてしまう。
だって、しょうがないじゃん。
自分の種を残したいという、メスの本能なんだもん・・・

(どや、怖いやろ?)どくろ

夜明けの街で



web拍手 by FC2

| 本箱 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/20 12:40 | |

ありがとう

コメントは、無事に着いてま~す。
ありがとう♪
ところで、妹さんの手術はどうなった?
早く完治すると良いね。

宮本輝の本は、全部良いと思うよ。
私には地元の話ということもあって「彗星物語」
穏やかだけど深い「草原の椅子」
は、読んで良かったよ。

白石一文の「私という運命について」も面白かった!

映画化された「血と骨」も、好き嫌いはあるかも知れないけど、
すんげー面白かった。

あまり深刻な本は、病院へは持って行けないもんね。
何か思い出したら、また、連絡しま~す。

| blue kitty | 2010/09/20 17:41 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/09/20 23:59 | |

ありがとう No2

後一週間だね。
私の父と母にも、よ~く頼んでおきます!!!
何か、気持ちが前向きになるような本があったら、お知らせします。
他にも、何か出来ることがあったら、教えてくださいね。

| blue kitty | 2010/09/21 13:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/46-442c45e2

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ