独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

中島京子「小さいおうち」

中島京子?
私には馴染みのない作家です。
でも、この本の装丁はかなり可愛い。
相乗効果なのでしょうか、「小さいおうち」というタイトルがハッピーな感じで溢れています。
思わず手に取って買ってしまいました。

戦前・戦中・戦後を通して、日本のちょっと上流階級の家庭のことが
女中さんとして働くタキさんの目線で語られています。
思っていたようなメルヘンチックでハッピーな時代ではなかったのです(^_^;)

戦争が激しくなってゆくと、物がどんどん減ってゆく上に、
何につけても窮屈な生活を強いられます。
テレビでも映画でも、軍国主義に傾いて行く日本をみるのは悲しいものです。
それを、飄々と描いているので悲壮感はないのですが、
私にとっては、現実感もなかったなぁ。。。

女中さんって言葉を、今は使わないですね。
家政婦さんとか、お手伝いさんとか、でしょうか。
家政婦と言えば市原悦子さん。
あ、今は松嶋奈々子ちゃん?
お手伝いさんと言えばコメットさん。
これは古すぎましたm(__)m
女中さんは・・・女中さんは・・・やはりこちらも現実感がありませんでした。

小さいおうち

私は、おおきい家に女中さん付きで住みたいです。


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP | HOME

COMMENT

思わず外見で手に取っちゃうって
ありますよね
ですねー女中さんって言葉もう今使わないですね
お手伝いさんとか家政婦さん
女中さんで思い出したのが
書生さん
書生さんは今でもいるのかなー(政治家とかのとこに?)

| もちゅみ | 2013/07/03 15:30 | URL | ≫ EDIT

もちゅみさんへ

確かにー
書生さんって、昔はいましたよね。
今もいるのかなぁ?

実はこの本、書店で先に買っていました。
で、何故だかアマゾンでも買ってしまいました。
「あれれ?買うつもりだった本かな?」って、ポチしたのですが、
表紙の画像をお借りしたかっただけでした。
もう、こういうことが多くて・・・(^_^;)

| blue kitty | 2013/07/04 08:28 | URL |

うちには…
メイドと
じいやと
運転手と
庭師がおりますので。
ほほほほほほ。

あ、幼少の頃からの専属の家庭教師も。

(妄想中)

| くろねこ母さん | 2013/07/04 10:14 | URL | ≫ EDIT

くろねこ母さんへ

ん、ま!
たくもザーマスのよ。
奇遇ですわねぇ。
人を使うってのも、意外と大変よねぇ。
でも、あたくしの手があれるようなことはしたくないざましょ?
しょーがないわよねぇ。

おーほほほほ。

(瞑想中)

| blue kitty | 2013/07/05 13:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/465-340381ef

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ