独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

女王様が虹の橋へ

娘と一緒に暮らしていた女王様、ミミちゃんが、
1月5日午後7時前に、虹の橋へと旅立って逝きました。

享年22歳。

1月2日に会いに行った時には、
老いがすすみ、すっかり痩せてしまっていましたが、
大儀そうにしている以外は苦しそうな様子はありませんでした。
ただ、一目見ただけで、ミミちゃんの命が尽きかけているような、
嫌な不安が心をよぎりました。

1501061.jpg

帰り道に見えた月が薄く透けて見え、
その儚さが、まるで、ミミちゃんのようで、
ビルの間に見え隠れするその月を探し探し、
心細い気持ちで家まで帰りました。

1501062.jpg

その後、急速に弱り、二日間もの間、苦しい息をし続けていましたが、
仕事から早引けをして帰ってくる娘を待ち、
一緒のベットで添い寝をしてもらい、
声は出ませんでしたが、5回ほど鳴いて、
娘と私の目の前で息を引き取りました。

今日、火葬のため、娘とルールブック氏と一緒に深大寺に連れて行きました。
綺麗なお花に埋もれたミミちゃんは、
22歳とは思えないほど、ツヤツヤの毛に、綺麗なお顔で、
もー、流石、女王様の風格です。

最期の最期まで、誇り高く、優しく、孤高なニャンコちゃんでした。

虹の橋で、銀ちゃんや、ティムや、ジェシカに会えるかな?
仲良くして貰えるかな?
ちょっとそちらで楽しく遊んで待っていてね。

ミミちゃんにコメントを寄せて下さった皆様。
この記事を読んで下さっている皆様。
ミミちゃんを「可愛い」と言って撫でて下さった皆様。
ミミちゃんの写真をダウンロードして下さった皆様。
ミミちゃんの里子になることを薦めて下さった皆様。
全ての皆様に、心からお礼を申し上げます。

また、泣いちゃうと目が腫れて、明日からの仕事に差し支えるので(笑)、
コメント欄は閉めさせて頂きますね。

この写真はミミちゃんが7歳の頃のもので、ニコニコ笑っています。
娘が大切に持っていたものです。
皆様とは、このお写真でお別れさせて下さい。

1501063.jpg
   「ごきげんよう。さようなら。」



web拍手 by FC2

| 女王様 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/612-fc6bf61e

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ