独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

いしわたり淳治「うれしい悲鳴を上げてくれ」

うれしい悲鳴を上げてくれ

しばらくは、図書館で予約した本の順番も回ってこないし・・・
と、バスの時間まで、久しぶりに本屋さんをブラブラ。
で、この本を見つけてしまいました。

帯に書いてある文言が凄いの!
表:
「今年1番の発掘文庫に決定☆
この本を楽しめないなら、他にオススメはありません!
ダマされて10~14頁までの5頁だけ読んでください。
面白さを確信するハズ。」
裏:
「好き過ぎて本当は誰にも教えたくない」

この帯を読んで、この本を買わないわけにはいかんでしょう。

短い小説とエッセイが50編ほど納められているのですが、
面白くないわけではない。けど、そんなに面白いわけでもない。
というのが、私の感想でした。
ちょっと騙された感がぬぐえません。

物や現象を見る視点が面白くて、唸るような感性が垣間見えて、
それなりには楽しめるのですが、はい、そんで終わり。
みたいな。。。

残念ですが☆2つ。
うれしい悲鳴を上げられませんでした。


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/626-6da57d18

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ