独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

木下半太「恋する音川家」

肩がこらず、まるでテレビのドラマを見ているように楽しめます。

祖父、両親、長男、長女。
それぞれに起こる、今までの日常とは違う気づき。
色々な視点から見えてくる家族。
ホロッとする所もあるし、わっはっはなところもあるしで、
すいすいと読めました。

途中から、最後に用意されているであろう、大どんでん返しに期待が膨らみます。
どうなのよ。
どうなるのよ。

ところが、そんな刺激的なラストは用意されていませんでした。
それでも、うーん、それもありかな、と思えます。

ドラマ化して欲しい一冊です。
☆二つ半。

恋する音川家


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/644-29668878

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ