独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

雨宮まみ「東京を生きる」

東京を生きる

仕事で東京寮生活が始まった頃、
東京生まれ、東京育ちのお嬢様である同期に、
「どんなに頑張っても、しょせんカッペじゃん」
と陰で言われていたことを知りました。

まぁ、その通りなので、その時は、
さほど腹が立ちませんでした。

どちらかと言うと、加山雄三の
「いつまでも、君を放さないよ。いいだろ?」
という歌詞に、猛烈な恥ずかしさを感じる人種でしたので、
東京のおぼっちゃまとおじょうちゃまの会話に、
ついて行くのがしんどかったのです。

   「見上げてごらん。
   ほら、星がすごくきれいだよ。」
   (Kボーイ)

   「なに、こっ恥ずかしいこと言うてんの?」
   (しょせんカッペの心の声)

   「あら、本当だわ。
   私の上に降ってきそうだわ。」
   (S女のお嬢様)

   「降ってきたら、死ぬで。」
   (しょせんカッペの心の声)

   ===ここまでは、回想===

そんな私が、人生の半分以上を
東京都民として過ごしております。
あの頃に味わったような疎外感と執着を、
巧みな表現で読ませてもらいました。

この感性、かなり好きかも知れません。

☆二つ半






web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/651-19ce1773

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ