独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

100万分の1回のねこ

100万分の1回のねこ

もちろん、絵本《100万回生きたねこ》に関連するアンソロジーです。

なんと、著者は13名!
読んだ端から忘れるので、誰が何を書いていたのか、
読後に全部を思い出すのは無理でした。

しかも、全然猫が出てこないお話もありまして。
まぁ、100万という数字は合致していたので、詐欺とは言えないかも知れませんが。

その中でも、ピッカーと光輝いて印象的だったのは、
角田光代さんの「おかあさんのところにやってきた猫」

いつまでも保護者でいたい人間のお母さんと、
いつのまにか自由を愛し、自由を追い求める猫。

「わかっているんだよぉ。」
「わかっているけど、離れて行って欲しくないんだよぉ。」
人間のお母さんの気持ちが悲しくて、寂しくて、
ちょっと鼻の奥がツンとしてしまいました。

最近、開きっぱなしの涙腺を持て余している・・・

☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/658-4f612625

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ