独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

武田百合子「ことばの食卓」

武田百合子「ことばの食卓」

何だろう、不思議な読後感です。

すごーく懐かしいのに、斬新な感覚。
ニヤッと笑えるのに、ゾクッと怖くなる。
相反する印象の中で、読み手はどんどんページをめくってしまうけど、
作者は日常の一コマを切り取って、せっせと描写しているだけ。

ビックリしたのは、お話しの終わり方です。
「え?終わる?」みたいなチョンギレ感が、あちらこちらに。

ちょっと意表をつかれました。


生ぬるい「牛乳」がこぼれて乾いた時の匂い。
薄く切った「枇杷」が、するりと歯のない口に滑り込んでゆく時の音。
「お弁当」を食べ終えて、梅干しの種がお弁当箱の中を転がる学校の帰り道。

引用したい文章がいっぱいあるのですが、
著作権とやらに引っかかりそうなので、諦めます。

食べ物に関するエッセイ集ですが、かなり不思議ワールドです。

好き嫌いの分かれるところかも。

敢えて私は ☆二つ半。



web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/679-14a7f82a

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ