独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

西加奈子「さくら」

この本は、久しぶりに図書館で借りました。
ずいぶん待たされて、手元に届いた本は、
水濡れもあって、かなりよれよれ。
くたびれた状態になっていました。

西加奈子「さくら」

でも、読んでみてわかりました。
きっと、お風呂でも続けて読んでしまいたいくらい、面白かったのだなって。
(とは言え、図書館の本を湯船では読まないで頂きたいわ ( ̄д ̄))

さくらは長谷川家の犬の名前。
そして、お話は、長谷川家の人々の幸せと不幸せ。

幸せいっぱいから、ど不幸に、一気に転落するのは、
いとも簡単で、誰にでも何処にでも起こり得ます。
人生の急降下を、潔く書いているのだけど、
不幸のどん底でも、それを愛がある視線で描いてあって、
胸が詰まるような苦しさはありませんでした。

レジェンドと呼ばれる良くできた兄と、
別の意味でレジェンドと呼ばれるエキセントリックな妹。
その間に生まれた普通の「僕」の目線で語られる物語です。

西加奈子さんは、今や、イケイケドンドンの作家さんですね。
面白かったです。

☆三つ、は少し多くて、残念、☆二つ半。



web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/680-443d3144

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ