独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

星野道夫「旅をする木」

旅をする木

アンカレッジには行ったことがあるのですが、
あまりの寒さに、痛いと思った初めての経験を思い出します。

厳しい冬。
雪の世界。
オーロラ。
氷河。

そんな陳腐な言葉だけでは表現しきれない、
素晴らしいアラスカの景色を感じさせてくれました。

そこに住む、全ての生き物に、平等に訪れる四季や、
陽の光の暖かさを感じさせてくれました。

見たことの無い世界を、文字の力だけで、
ハッキリと心に思い描けるなんて、凄い!
こんな感性を持った人は、一体どんな写真を撮るのだろう。
とネットで探してみて、かなり衝撃的でしたが、
星野道夫さんは、カムチャッカで熊に襲われて亡くなっています。

心無い書き込みに目がとまり、
そのURLをクリックしなくても、そこに何が書かれているのか、
容易に判断が出来ました。

美しく厳しい自然を愛し、
人間も、熊も、カリブーも、全ての生き物を等しく愛し、
そして亡くなっていった、一人の旅人、写真家として、
ずっと覚えていたいと思います。

また、読み返したい本です。

☆二つ半より、ちょっと多め。





web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/707-f02c9177

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ