独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

岩瀬成子「マルの背中」

マルの背中

ストーリーは、この絵から始まっています。

この装丁を見て、心を動かされない人はいるでしょうか。
膝を抱えてしゃがみ込む少女と、
少しだけ距離を置いてうずくまる猫。

少女の視線は、猫ではなく、自分の足元に落とされています。

子供の力ではどうしようもない現実を、
静かに静かに受け止めているような、切なさを感じます。

心が不安定なシングルマザー
食べるものにも困る貧乏
会うことのできない幼い弟

子供の心がどんなにしなやかでも、
簡単にやり過ごせない、苦しい現実でしょう。

預かり猫のマルの背中を撫でてごらん。
亜澄ちゃんの心が、少しでも温かくなると良いね。

酒井駒子さんの絵とストーリーと、
あわせて☆二つ半です。




web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/722-38161339

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ