独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

筒井康隆「旅のラゴス」

旅のラゴス

有名な作家さんで、しかも、テレビにも良く出ていらっしゃるからでしょうか。
何だか、色々と読んだつもりになっていましたが、
よく考えてみたら、何も読んでいない。
思い込みって、恐ろしいわぁ。

この「旅のラゴス」は、そんなに分厚い本ではないのですが、
読後には、長い旅が終わって、
ちょっとグッタリしてしまいました。

なぜ、こんなに疲れるのだろう?

ストーリーは、異文化、異習慣だらけで、
馴染みのない世界観が広がっています。
その上、時間そのものが早く感じられたり、遅く感じられたりします。

観たことも聞いたこともない世界で起こる、
様々なエピソードですが、
その全てのピースが集まって、
人生そのものを旅しているような気持ちになります。

疲れの原因はそこらあたりにあるのかも。。。

悲しきかな、やはり、SFチックなお話には、
どうしても、脳みそが馴染みませんわ。

ということで、申し訳ないのですが、私的には☆二つ



web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/728-7fc3b3cd

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ