独り言 のち 時々猫

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ

≫ EDIT

須賀敦子「コルシア書店の仲間たち」

コルシア書店の仲間たち

ミラノのコルシア・デイ・セルヴィ書店に関わる人たちを、
たんたんと描いたエッセイです。

さらりとした文体なのに、何故か最初のとっつきが悪く、
知らない人を暖かく迎え入れるというよりは、
冷たく突き放されているような気がしました。

別れ、情熱、疎外、孤独などを、感情移入して描くのではなく、
事実として一歩引いて、まるで風景画のように描いています。

そして、最後は一連の絵画を見終えて、
やっと全体象が朧げにわかったような、心細いような、
そんな余韻が残りました。

イタリアの歴史や、思想などに知識があれば、
もっと楽しめたのかも知れません。

今までに出会ったことのない読書感を味わえる本です。
是非、再読したいと思いました。
その時には、何か違うものが見えてきそうです。

☆二つ


web拍手 by FC2

| 本箱 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP | HOME

TRACKBACK URL

http://blueseashell.blog134.fc2.com/tb.php/762-422b8229

TRACKBACK

最近の記事へ | PAGE-SELECT | 過去の記事へ